AGA・薄毛になる理由とは?・なぜ髪は抜けるのか?

AGA・薄毛になる理由とは?・なぜ髪は抜けるのか?

薄毛の原因は、簡単に言いますと季節の変化、過度のストレス、鉄分不足、ホルモン障害などの原因で発生することがほとんどです。ただし、長期にわたる脱毛は深刻な病気の予兆の1つである可能性があります。ゴエンエステティック社は、皮膚科の専門家に薄毛の由来を徹底分析していただきました。脱毛とその治療に関する情報をご提供します。

目次

抜け毛とは?

AGA・薄毛になる理由とは?・なぜ髪は抜けるのか?

一般的に人間の頭皮には平均10万本の毛があり、1日あたり平均100本から150本の毛は、お風呂場や自然的に抜け落ちていきます。これは成人ではごく正常であると考えられています。

脱毛は、ホルモンおよび栄養関連、化学物質等の接触、遺伝的素因、全身性疾患、発毛障害、薬物、心理的ストレスおよび頭皮に関する病気が原因で発生する可能性があります。

健康的な人で髪の毛が抜ける時期は最大で2ヶ月かかる場合があります。1年に3回繰り返し訪れる脱毛期間が2ヶ月を超える場合、それはいくつかの深刻な病気の前兆である可能性があり、専門家の助けが必要になる場合があります。脱毛は通常、先ほど示された何かしらの要因が起きれば、その時期から3〜4ヶ月後に抜け始まり、その抜け毛の要因の治療後6〜12ヶ月で通常に戻ります。

 

髪の寿命は大きく分けて3つに分割できます。

 

1.『成長期』

成長期は最も時期が長い段階であり、この段階で髪は平均して月に1cm成長します。

 

2.『退行期』

成長期の後、成長を完了した髪は、平均2〜3週間続く退行期に入ります。この段階の後、髪は脱毛の段階に入ります。

 

3.『休止期』

休止期に入る髪は毛包との接続を失い、2〜4ヶ月以内に抜け落ちます。この期間は、ブラッシングや頭の洗い方に注意して短縮できますが、延長することはできません。この期間中に髪に何もしなくても、髪は勝手に抜け落ちます。脱毛した髪は毛包から新しい髪が生成されます。
このサイクルは一生涯続きます。髪の毛の周期は外観から理解することはできず、どの期間であっても、髪の85〜90%は成長期であり、1〜2%は退行期であり、10〜15%は休止期であります。 入浴しない日に1日に最大「100」本の髪の毛を失うのが正常であると受け入れる論理は、上記の髪の周期機能に由来します。 これらの段階を知ることで、薄毛治療はなぜ長い時間がかかるか、理由はご理解されたと思います。

髪が抜ける原因とは主に?

既存のすべての髪の毛にはライフサイクルがあります。それぞれ髪の毛は4〜6年間生き、その後休息してから抜け落ちます。

このような形での脱毛は非常に自然なプロセスであり、1日あたり50本から100本の抜け毛は正常と見なされています。 この数以上の抜け毛がおありでしたら、入浴中に手の中に落ちてくる髪の毛が増えたり、入浴後の乾かしている最中に髪の毛を引っ張ると3〜5本の髪が出たりする場合は、この状況を真剣に受け止めるべきです。

脱毛にはさまざまな原因が考えられます。 重要なのは、この原因を特定し、適切な治療を行うことです!

1.遺伝的要因

女性と男性の脱毛の原因は異なります。男性に見られる脱毛は、一般的に男性型脱毛症(AGA)の脱毛であり、これは親からの遺伝的な症状で、社会の50%以上の男性に見受けられています。このタイプの脱毛は慢性的です。年齢が上がるにつれてハゲが進行し、結果として髪の移植が必要になる場合があります。

幼い頃からPRP治療やメソセラピーをすれば、抜け毛の速度を遅くし、ハゲになる時期を延期できます。

このタイプの脱毛は女性にも見られます。特に家族にハゲの問題を抱えている女性は、16〜18歳代の若い時期には男性より女性がより多く見られます。この状況がこれまで以上に遭遇する理由は、過度のストレス、不規則な栄養、長期の絶食とホルモンの問題です。 女性の場合も男性のような治療に加えて、ホルモン治療を追加することにより、治療の成功率を高めることができます。

2.皮膚の問題

皮膚や内部の病気も脱毛を引き起こす可能性があります。 ほとんどの皮膚関連の抜け毛は、皮膚に関係する病気が頭皮に影響を与えるときに発生します。乾癬、湿疹、にきび、苔癬病、過度に脂性の皮膚、真菌性疾患など髪の毛が病気の影響を受けている場合、脱毛は避けられません。この抜け毛の治療は、根底にある皮膚や内部の病気の治療で可能です。

3.間違った食習慣

栄養上の理由による脱毛も一般的な要因です。 結局のところ、髪は生きている器官であり、栄養や血が必要であります。 定期的でバランスの取れた食事を食べない、長期的な飢餓、偏った食事、炭水化物を多く含む食品を摂取し続けると、その結果、髪に影響を与え、髪を落とす可能性があります。 その治療は非常に実用的であり、バランスの取れた食事を始めることが重要であります。

4.ビタミンとミネラルの不足

食生活に問題がなくても、血液の中に髪に必要なビタミンやミネラルの不足は、脱毛のもう一つの理由です。
B12、ビタミンD、葉酸、ビオチン、亜鉛、鉄などのビタミンやミネラルが少ないと、髪に栄養を与えることができず、抜け落ちます。鉄分が不足していない場合でも、鉄分を補給することで髪の毛の損失を減らすことができます。このような場合、専門家に相談して不足分を補う必要があります。

5.ホルモンの問題

ホルモンの問題、月経の遅れまたは不規則性、体毛の増加、過度のにきび、体重増加の加速などの問題がある場合、これらの所見に脱毛問題もあれば、ホルモン性脱毛が挙げられます。この問題の特定のために生理の2日目または3日目の血液検査でこの原因を特定するため皮膚科医に相談する必要があります。この種の脱毛にはホルモン療法が効果的です。

6.いくつかの内部疾患と薬の使用

いくつかの内部疾患、甲状腺疾患またはこれらの疾患に使用される薬、リウマチ性疾患、体重減少薬、副腎腺疾患、インスリン抵抗性、糖尿病、出生管理薬、そして時にはこれらのコントロールピルを止めることによって、脱毛の発症の理由になる可能性があります。この状況は、専門の医師による検査によって徹底的に調査されなければなりません。

7.出産と化学療法の原因

脱毛には2つの特別な原因もあります。

☑ 1つ目は、生後2〜3ヶ月後から始まる産後脱毛です。それは、妊娠中に抜け落ちるべき髪が抜け落ちずに、突然一気に抜け落ちる現象です。専門家の管理下で行われる補強は、この点での不快感の軽減に貢献します。

☑ 2つ目は、化学療法を受けている患者の脱毛です。近年の進歩している薬の使用では、この症状は少なくなってきてはいますが可能性はなくはありません。治療が完了すると自然に回復する傾向がある状況です。

8.美容習慣の要因

美容習慣の増加は、遺伝的や化学的な脱毛を引き起こす他の要因です。言い換えれば、髪を強くと結ぶなど、帽子、過度の熱にさらされるドライヤーでの乾かし作業、髪を明るくするために使用される色染め行為、髪の矯正などなどは外側から髪を傷つけることによって脱毛を引き起こします。この場合、唯一の治療法は、髪がこれらのダメージにさらされるのを防ぐことです。髪に必要な補強とケアのプロセスを適用すると、再び望ましい外観が得られます。それとは別に、脱毛を防ぎ、脱毛した髪を再成長させることを考えて無意識に使われるフェイスマスクや混合物は、髪をさらに傷つけ、後戻りのできない損傷を引き起こす可能性があります。

9.ストレスとうつ病

過度のストレスは、脱毛や病気のもう1つの理由です。うつ病、不安、精神病、およびそれらの治療に使用される薬は、髪に影響を与え、髪を脱毛させる可能性があります。

髪は、日常生活のさまざまな要素の影響を短時間で受けることができる生きた器官です。人の生活に問題が生じた場合、その人はまずこの情報に照らして自分自身を測定し、必要に応じて皮膚科医に助けを求めましょう。なぜかと言いますと、自身の周りの誤った噂や誘導により、患者が時間の無駄使いに合い、重要な根本的要素がある場合、診断と治療が遅れる可能性があります。

脱毛症の種類

男性型脱毛症(AGA)

AGA

アンドロゲンの遺伝的影響により発生する脱毛は別名『アンドロゲン性脱毛』と呼ばれます。脱毛は女性よりも男性に多く見られます。男性の場合、約半数、女性の場合20%〜25%に見られる現象です。患者は脱毛が時々悪化すると言いますが、これは一般にテロゲン脱毛とは異なり、陰湿的な脱毛であり、何年にもわたって抜け落ちていきます。そして時々、患者様は自分の髪が抜けるのではなく、より薄なっていっていることに気づきます。基本的に、頭頂部の髪の毛が細くなり、後頭部に比べて密度が薄くなっていることが分かります。特に女性の場合、初期段階での診断が難しく、他の脱毛と誤診断されやすいです。治療には何年もかかることを事前に知っておきましょう。

円形脱毛症による脱毛

円形脱毛症による脱毛

円形脱毛症は突然現れ、異なる直径で1つまたは複数の完全にはげかかった円形の領域が特徴の一般的な病気です。しかし、この病気は伝染性ではありません。髪の毛だけでなく、顎ヒゲ部分にも見られます。通常、治療により数か月または数年以内に症状は退行します。脱毛が続く場合は、この病気を甘く見ないようにしましょう。皮膚科の専門医に相談し、必要な検査を受け、持続的な脱毛の治療に進むことが非常に重要です!

甲状腺ホルモンによる脱毛

甲状腺の働きが少ない場合、すなわち甲状腺機能低下症の場合、広範囲にわたる脱毛または体毛の喪失が見られます。甲状腺ホルモン治療後、約8週間で正常な状態に戻ります。長期的な甲状腺機能低下症の場合、毛根の喪失が発症し。一方、甲状腺の過労、言い換えれば、甲状腺機能亢進症でも脱毛を引き起こす可能性があります

ビタミン不足による抜け毛

ビタミン不足による抜け毛

女性の患者様は、特に前頭部の髪が薄く、ニキビ、月経不順、体毛の増加などの問題がある場合、性ホルモンのレベルを制御する必要があります。鉄欠乏性貧血は、女性の70%で見られる現象です。貧血がなくても鉄分不足だけあっても脱毛につながる可能性があります。

亜鉛、ビオチン、ビタミンB12、葉酸欠乏症、ビタミンD不足も脱毛を引き起こします。過度なダイエットを開始すれば約1〜6ヶ月後に薄毛が発生する場合があります。体内のタンパク質貯蔵量の減少は、毛細胞での不十分なタンパク質産生と脱毛につながります。

ストレスによる抜け毛

ストレスによる抜け毛

過度のストレスは薄毛抜け毛の第一の原因です。うつ病、精神病、およびそれらの治療に使用される薬、いくつかの血圧薬やコレステロール低下薬、甲状腺ホルモン低下薬、出生管理薬、ビタミンAおよびいくつかの派生薬は脱毛を引き起こす可能性が大にあります。抜け毛自体がストレスをより高め、悪循環のループを引き起こします。

髪は、日常生活のさまざまな要素の影響を短時間で受けることができる生きた器官です。自身の周りの誤った噂や誘導により、患者が時間の無駄使いに合い、重要な根本的要素がある場合、診断と治療が遅れる可能性があります。特に、2ヶ月以上続く脱毛は重要視して専門家に相談しましょう。

虫歯による脱毛

虫歯による脱毛

突然の円形脱毛症と抜け毛増加の理由は、歯の腐敗です。歯から侵入する感染症は髪に影響を与える可能性があります。また、歯の障害で体内に侵入する菌が免疫機構自体の健康的な体細胞にも損傷を与える可能性があります。この場合、免疫系は毛包に影響を及ぼし、そして脱毛を引き起こします。このため、虫歯はちゃんと治療し、脱毛を防ぐためには、歯科医による検査が不可欠です。

薄毛を防ぐ方法とは?

薬による治療

薬による治療

脱毛を防ぎ、既存の髪を太くするFDAアメリカ医療機器認証の薬を医師の管理下で使用できます。薬での薄毛治療は、髪の毛が『軽度から中度』程度の抜け毛を防ぐのに役立ちます。

AGA対策の薬の効果は、髪の毛の数を増やし、薄くなる髪を太くし、それ以上の脱毛を防ぎます。しかし、育毛剤は個人差がとてもあるという現実を理解しましょう。

薬治療は、前頭部と頭頂部の髪が抜けきっている人には、ほとんどかまたは、まったく影響はありません。完全に脱毛してしまうと、毛根細胞は死んで新しい髪を作ることができなくなります。この段階では、新しい髪の成長に役立つ薬・育毛剤は『一切』ありません。

ヘアメソセラピー

ヘアメソセラピー

ヘアメソセラピーは、薄毛対策によく使われる効果的な治療法です。ヘアメソセラピーは、マイクロニードルを使用して、髪の健康な成長と発達に必要なビタミン、抗酸化剤、ミネラル、循環調節剤を頭皮に直接注入するプロセスを意味します。約1cm間隔で注入されます。その後、頭皮をマッサージします。

男性と女性の両方に簡単に適用できるヘアメソセラピーは、5日間隔で合計5回〜10回のセッションを行う必要があります。注入中に痛みはあまり感じられません。 ヘアメソセラピーは毎年治療法として適用することができますし、場合によっては、数か月に1度の補充としても継続できます。このようにして、脱毛が停止され、新しいより強い髪が成長します。ヘアメソセラピーの最初のセッションから、違いを感じることができ、髪は元の元気に満ちた明るい外観を取り戻すことができます。

自毛植毛(植毛移植)

植毛

自毛植毛(植毛移植)は、脱毛の問題や薄毛に悩まされている人々の問題に対する自然で永続的な解決策です!

毛根がもはや活動を止め、ハゲが進行している場合に顕微手術法で健康的な毛根(グラフト)をハゲている部分に移植する治療方法を自毛植毛(植毛移植)と呼びます。移植では、患者様自身の健康的な髪を使いますので副作用ということも起こりません。自毛植毛の目標は、自然的で見た目の良い若い頃のような髪を永続的に与えることです。毛髪移植は実際には小さな外科手術づすが、専門家や経験豊富な医師やチームが病院環境で実行するのが最も安全な方法です。

より詳しい情報は、当サイトのこちらのぺージをご覧ください。

PRP治療

PRP治療

薄毛対策として最も効果的な方法であるPRP治療は、患者自身の血液を採取し、特別な機会を通過することによって準備される再生医療技術です。ヘアメソセラピーのように毛根に直接、血液から採取された栄養成分を注入します。根の発達を確実にする線維芽細胞と呼ばれる部分が分離され、薄くなっている部分に注入します。この方法は、遺伝的脱毛に特に効果的です。遺伝的喪失のある人には、ヘアメソセラピーをPRPと組み合わせて適用することもできます。

※ ゴエンエステティックはこちらの治療法を、自毛植毛を受けられるお客様に無料サービスとして1度限り注入しております!

健康的な髪を保つために日常生活で注意しないといけないポイント

抜け毛を防ぎ、健康的な髪の毛の成長とイキイキとした髪を確保するために、日常の習慣を調整する必要があります。お客様のためにリストを作りました!

 

☑ 無意識で不計画的なダイエットは危険なのでやめましょう。
もし、ダイエットをしたいのであれば、医師の管理下で行う必要があります。炭水化物の食事を避けてください。タンパク質ベースの食事に注意を張りましょう。健康的な食習慣をライフスタイルにするべきです。

☑ 睡眠時間に注意をしましょう。。
定期的な睡眠は、脱毛を防ぐために非常に重要です。

☑ ストレスは避けてください。

☑ ビタミン不足を解消しましょう。
亜鉛、B12、銅、葉酸を含む食品を摂取する必要があります。

☑ 喫煙やアルコールの使用を習慣にすべきではありません。
もちろん可能であれば、両方から遠ざかりましょう。

☑ 酸化防止食品(野菜や果物など)を食事に入れる必要があります。

☑ ファーストフードスタイルの食習慣は止めましょう。
専門家によるアドバイス以外に、髪の健康に推奨される薬を使用しないでください。

☑ 1日あたり50本〜100本の毛が抜け落ちるのは、通常の範囲内と見なされます。過度の脱毛や目に見える薄化が発生した場合は、できるだけ早く専門の皮膚科医に相談する必要があります!

まとめ

薄毛の治療は、最初に正しく診断を下す必要があります。脱毛の原因と脱毛の種類を知る必要があります。皮膚科医の診察により、脱毛の原因となる要因を特定し、適切な治療を計画しましょう。抜け毛のある人は、髪や頭皮を傷める可能性のあるヘアケア製品を避ける必要があります。タンパク質が豊富な食生活に切り替えることは特に重要です。ビタミン不足が原因で薄毛が発生した場合は、不足しているビタミンを貯えましょう。甲状腺や他の病気による脱毛では、まず第一に、病気を治することの専念してください。

脱毛を防ぐためや薄毛を克服する治療法はさまざまあります。

必ずご自身に合った最善の治療法を専門家に相談して、コンプレックスを克服しましょう!

こちらのオンライン無料診断サービスにご連絡していただき、自分は自毛植毛を受けることが可能かどうぞご質問ください!

fue-dr-1

植毛専門医師のフェラッド先生は、FUE法植毛の世界的権威ISHRS認定証の保有者の1人であります。

感想を書く