喫煙は薄毛を引き起こしますか?

喫煙は薄毛を引き起こしますか?

喫煙は薄毛を引き起こしますか?

喫煙は、肺がん、喉がん、心臓病、気腫、感染症など、50を超える病気に関連していることが分かっています。

物理的損傷に加えて、喫煙はまた、飲酒者の心理に悪影響を与える可能性のある早期老化や脱毛などの美容悪化の出現をも引き起こします。

「ニコチンと一酸化炭素」は、喫煙によって脱毛を引き起こす物質です。近年、健康への害が少ないとの憶測が飛び交う電子タバコには、従来のタバコと同じようにニコチンが含まれています。

頭皮の血管を収縮させ血行不良に

ニコチンはアドレナリンを増加させることにより血圧と心拍数を増加させ、血管を収縮させることにより心臓への負荷を増加させます。喫煙は一酸化炭素を増加させ、それは血液の酸素運搬能力を低下させます。喫煙は、血液循環に対するこれらの悪影響のために脱毛につながる可能性があります。

研究の結果によると、毛包のDNA構造を破壊したり、血液循環に影響を与えたりするなど、タバコの摂取による悪影響の結果として、髪の質が低下し、髪が細くなり、髪が脱落しやすくなります。

タバコの消費が体の免疫系を低下させるという事実は、私たちの体を一般的に多くの病気に対して脆弱にします。さまざまな病気が発生する要因であり、間接的に脱毛にも影響を及ぼしております。

たとえば、台湾で40歳以上の男性700人以上を対象に実施された調査では、1日に20本以上のタバコを消費する人々は、ハゲ率が高いことがわかりました。研究者は、タバコの消費が毛包の遺伝的構成を損なうと考えています。

そして、イタリアでのマウスを対象に実施された研究では、喫煙がマウスの脱毛症領域と白髪の形成を引き起こすことが示されました。

喫煙は脱毛を引き起こすと考えられており、この方向に深刻な指標がありますが、喫煙が脱毛を引き起こす最も重要な要因であるとは言えません。一方、脱毛と喫煙には有意な関係があることが研究で示されていますが、このテーマに関するメタ研究がまだないため、「喫煙は間違いなく髪を落とす」と断言して言うにはまだ少しだけ早いかもしれませんね。

脱毛の最大の原因はDHTホルモンであり、遺伝的要因に基づいて年齢とともに増加します。今日まで脱毛を防ぐために使用される治療法の本質は、DHTホルモンの産生を防ぎ、DHTホルモンを抑制する物であります。

さらに、適切な栄養とストレスから離れて日常生活を送ることは、脱毛防止のための最も重要な武器です!

こちらのオンライン無料診断サービスにご連絡していただき、自分は自毛植毛を受けることが可能かどうぞご質問ください!

無料のオンライン診断

感想を書く