自毛植毛とは?・自毛植毛はどのようにして行われるか?

自毛植毛とは?・自毛植毛はどのようにして行われるか?

近年、多くの人が抱えている薄毛の問題は、男性であろうと女性であろうと人々に影響を及ぼし、その人の自信を傷つけ、社会生活に影響を与えています。理由は、髪は人の外観で一番重要視されているポイントの1つだからです。例えば、薄毛の人は他の人より年上に見られ。見た目がとても良いとは言えません。自毛植毛は、これらの人々の問題を解消するために開発され、非常に短い時間で解消することができ、人々の脱毛を回復するのに長い道のりを歩んできました。日本では薄毛対策で一番費用の高い薄毛治療になっていますが、ゴエンエステティック社がご提供するトルコ植毛ツアーはお手頃な値段でご利用なられます。薄毛を根本的に解決することができるメリットを持つ自毛植毛に全世界の人が殺到しています!

目次

自毛植毛とは?

自毛植毛とは?・自毛植毛はどのようにして行われるか?

自毛植毛は、脱毛や薄毛が進行している人の左右の両耳の間の後頭部分にある健康的で強い毛根を、薄毛の問題のある場所に移植するプロセスであります。植毛移植では、頭で1番抜けにくい健康で丈夫な髪のある後頭部分から移植する株を選びます。

脱毛により密度が薄くなったり、髪が抜け落ちた方々にも安心してお使いいただける治療方法であります。言い換えれば、自毛植毛を受ける人は完全にハゲている必要はありません。

髪の移植は、脱毛やハゲの問題に適用される最も効果的な改善方法です。自毛植毛で移植された毛根は脱毛しません。植毛移植で、患者様は6ヶ月~1年という短い期間で昔より、さらに強くて健康な髪を得ることができます。

自毛植毛は、手術室環境で専門の医師やチームによって行われる医療手術です。また、自毛植毛は高精度かつ細心の注意を払って行う必要があります。手術中に発生する可能性のあるハプニングは、患者様の外見に関して後戻りのできないものを引き起こす可能性があるためです。したがって、自毛植毛を行う病院や医師の選択はとても慎重に行うことが最善です。

自毛植毛はどのようにして行われるのか?

医師との相談

自毛植毛治療の経過で、治療を行う前に、患者様と面談や髪の毛の診察が行われます。この会議中に、患者様の髪の分析といくつかの血液検査が行われます。その結果、患者様は手術を受けることができるかが判明します。現代では、テクノロジーの進歩のおかげで血液検査以外はオンライン診察でお客様がトルコに来航なされる前に判明いたしております。

自毛植毛手術当日、最初に患者様のご希望の髪型ラインが描かれ。次に、どの部分にいくつのグラフト(毛根)が移植され、どの辺りからいくつのグラフトが採取されるかを計画します。これらの決定後、坊主にしなくてもできる方はオペレーション開始し。坊主にしないといけない方は散髪をします。その後、部分麻酔が患者様の頭に注射され、全く痛みを感じなくなった後に、後頭部からグラフトの採取が始められます。毛根は1本ずつ丁寧に数えられながら採取され、特別な容器に集められます。その後、毛根を植える場所に植えるためのホール(穴)開け作業に移ります。このホールは毛根がしっかりと成長できる大きさと深さで自然的な見た目になるように角度も調整されながら開けられます。そして、最終段階は採取した毛根を植える作業です。こうして自毛植毛手術は終了いたします。

自毛植毛手法

自毛植毛の治療に使用される手法の数は、昔に利用されていた方法と最新技術の手法を合わせて全部で3種類あります。

自毛植毛手法

自毛植毛は患者様に応じて、最も正確な手法を決断することが重要な要素の1つです。もっとも古い手法であるFUT法は、患者様の後頭部に大きな負担を与えるため現在、全世界的に実施されていない手法になっています。FUE法DHI法といった近年開発された最新技術の手法が世界的に主流になっております。

手法それぞれのメリット・デメリットは名前をクリックしてご覧ください。

誰が自毛植毛を受けることができるのか?

自毛植毛

自毛植毛は、性別を問わず、薄毛の問題のある男性と女性の患者様に適用できます。移植前の検査・分析に支障がなければ、すぐに適用できる手術であります。

自毛植毛を希望される癌患者様は、最初に癌治療を完了する必要があります。癌治療中は、同時に自毛植毛を行うことはできません。

糖尿病の患者様に自毛植毛を適用する場合は要注意が必要です。手術中、ホール(穴)開け作業や後頭部のドナー採取中のある出血がリスク要因となる可能性があるからです。

自毛植毛は、手術中に頭皮に注入される成分にアレルギーがある人には実行できません。副作用を起こしてしまう可能性があるためです。同時に、後頭部のグラフト(毛根)が不足している患者様には、植毛移植ができない場合があります。毛深い部分や患者の体の他の部分にある毛根はおすすめしませんが、後頭部が不足している患者様にはこのような対策も考えられます。自毛植毛は患者様自身の体の毛からしかできない治療法だからです。

 

こちらの無料オンライン診断窓口から、お客様が自毛植毛治療に適しているかご相談することが可能です。

自毛植毛はどこで行うべきか?

全世界に数えきれないほどの自毛植毛病院があり、最適な場所を見つけるのは簡単ではありません。

最初に確かめないといけないポイントは、病院が衛生省・保健省によって承認された設備を備えているか? 手術が行われるオペレーション室は、衛生面的にしっかりと殺菌されている場所であるか? 緊急時に対応できる専門家と緊急装備が配備されているか確認する必要があります。

自毛植毛の専門医の実績は、病院の設備と同じくらい重要です。植毛移植を行うドクターが何年の経験を持っているか? 何人の患者を治療してきたか? 医師のチームと何年働いているかは非常に重要です。何年にもわたって調和して取り組んできたチームによって行われる自毛植毛は、常により素晴らしい成功率を誇っています。

理論的な知識は、自毛植毛を行うのに十分ではありません。この手術を実践し、手の習慣とスキルを習得することが、専門医師になるために必要です。だからこそ、初心者の医師の練習台になるのではなく、長年の経験を持つゴエンエステティック社の専門家の手で素晴らしい髪を手に入れましょう!

自毛植毛の『結果』

自毛植毛は、治療後すぐに結果を得るのは不可能であり、この期間中は辛抱強く結果を待つ必要があります。植えた髪の毛は1ヶ月後に1度抜けるのですが、その後にまた必ず生えてくる仕組みになっております。この経過のことを患者様の間では暗黒期(待期期間)と呼ばれており、自然的に髪の毛のサイクルで生えてきますので、その間リラックスして待ちましょう。

植毛移植手術は短時間ですが、術後の期間は長いので頻繁にオンライン診察か病院に足を運びチェックしてもらうことをお勧めします。こうして、失敗や後悔をしないように、医師はより専門的で健康的な方法で髪の毛が生えて来るまで追跡し、少しでも異常が起きればすぐさまに対応することができます。こうして、自毛植毛の成功率を徹底的に高めていきます!

自毛植毛のメリット・デメリット

メリットデメリット
  • ✔ 1度の手術で根本的な薄毛解決
  • ✔ 自分自身の髪の毛を移植するだけなので、
    副作用の可能性がなく、95%の成功率。
  • ✔ 元々髪がない部分に毛を生やすことも可能で
    ナチュラルな仕上がりを手に入れられる。
  • ✔ 新しく植えた髪の毛は抜けない。

  • ✖ 後頭部に何かしらの傷跡が残る。
  • ✖ 移植された新しい髪の毛が
    成長するのに時間がかかる。
  • ✖後頭部に十分な毛根が無ければ
    この治療法は受けられない。

メリット
✔ 1度の手術で根本的な薄毛解決
✔ 自分自身の髪の毛を移植するだけなので、 副作用の可能性がなく、95%の成功率。
✔ 元々髪がない部分に毛を生やすことも可能で ナチュラルな仕上がりを手に入れられる。
✔ 新しく植えた髪の毛は抜けない。
デメリット
✖ 後頭部に何かしらの傷跡が残る。
✖ 移植された新しい髪の毛が成長するのに時間がかかる。
✖後頭部に十分な毛根が無ければこの治療法は受けられない。

こちらのオンライン無料診断サービスにご連絡していただき、自分は自毛植毛を受けることが可能かどうぞご質問ください!

fue-dr-1

植毛専門医師のフェラッド先生は、FUE法植毛の世界的権威ISHRS認定証の保有者の1人であります。

感想を書く

ゴールデンウィーク期間に 自毛植毛ツアー🈹

ゴールデンウィーク期間に自毛植毛手術のご予約を申請されたお客様方に10%割引が貰えるキャンペーンを4月20日まで実施いたします!
メールアドレスを登録してキャンペーンに参加しましょう!