自毛植毛にみられる副作用や症状とは?

自毛植毛にみられる副作用や症状とは?

自毛植毛にみられる副作用や症状とは?

自毛植毛は自分自身の毛根を使う薄毛治療であるため、副作用は一切ありません。
薄毛治療で1番体に優しい治療方法とも言えるでしょう。育毛剤等の薬は体に害や副作用を起こしやすいためであります。

自毛植毛後に起きる唯一の症状は『ショックロス』と呼ばれる症状であります。

手術から1~2ヶ月後に、毛根を移植した周辺に元々あった髪の毛が1度抜けてしまう場合があり、この症状のことをいいます。ショックロスは人それぞれ起きる人と起きない人がいまして、症状の頻度は約20%とされています。

この症状が起きてもご心配しないでください。ショックロスによる抜け毛は必ずまた生えてきますので、一時的な抜け毛になるだけであります。

その他に、肌が弱い患者様の場合、移植部と採取部の皮膚に赤みが出てくる場合があります。こちらも早い方では1ヶ月、遅い方でも2~3ヶ月で赤みは治まります。

こちらのオンライン無料診断サービスにご連絡していただき、自分は自毛植毛を受けることが可能かどうぞご質問ください!

無料のオンライン診断

感想を書く